一般社団法人 日本塗料工業会 Japan Paint Manufacturers Association

製品と環境〜安全環境へのとりくみ〜

日本塗料工業会で行っている自主管理活動、ガイドライン、各種製品登録の他
官公庁からの各種通達情報などをご案内しております。

製品安全情報

■塗料中鉛の廃絶に関する現状と今後の方針について 2016.04.27更新
塗料中鉛の廃絶に関する日塗工の取り組み状況のご報告です。
NEWJIS K 5629 鉛酸カルシウムさび止めペイントが廃止公示されました。
平成28年12月20日付官報第6923号をご覧下さい。
PDFリスクアセスメントの実施について 2016.05.19
労働安全衛生法の改正に伴い、化学物質についてのリスクアセスメントが全ての 事業者に対し、義務となります。
簡単な説明リーフレットを作成しましたので、社内やお客様への説明資料としてご活用下さい。(A3横サイズ)
■環境、安全、健康に関する取り組みと注意事項 11.01.21

塗装作業者および一般消費者の皆様に対する正しい作業と換気のお願いをより一層手厚くお願いいたします。
■化学物質に関する注意喚起の標識 2010.5.18 [2013.4.1改定]
健康障害の未然防止のため「化学物質に関する注意喚起の標識」をご用意いたしました。
「環境配慮塗料の種類と内容」 2009.09.18改定

旧「塗料の知識」に「参照1」として掲載していた内容を改定しました。
なお、「塗料の知識」は内容が古くなったため、取り下げました。
※一部誤りがあったので9.16に掲載したファイルを修正しました※
■スプレー塗料を捨てる時の適正処理方法 2009.7.31

■アスベスト使用実績調査追加調査について 2008.5.28
補足 2015.10.28更新
■水銀含有製品の調査について 2014.3.19
■日本塗料工業会の製品安全に関する自主行動計画について 2007.10.17
■『住宅内の化学物質による室内空気質に関する指針』の改正
一般社団法人 住宅生産団体連合会 ホームページlink 2003.5.2改正
■抗菌塗料製品管理のためのガイドライン
2003.1.17ガイド更新
■容器イエローカード(ラベル方式)塗料用マニュアル
2014年3月改訂しました。

各種自主管理・登録

お知らせ

PDF「建築工事監理指針」(平成28年版)」で注意喚起された「木材保護塗料塗り(WP)」における最新の日本建築学会材料規格「JASS18 M-307 木材保護塗料(かび抵抗性を含む)」への適合性要求について 2017.1.11
「木材保護塗料塗り(WP)」における最新の日本建築学会材料規格「JASS18 M-307 木材保護塗料(かび抵抗性を含む)」への適合性要求について、「建築工事監理指針」28年度版において以下のような記述がなされました。
「品質は,日本建築学会材料規格JASS 18 M-307に規定されている。 なお、JASS 18 M-307は、2013年のJASS 18改定(第7次)時より「かび抵抗性」に関する試験項目が追加されている。
「標仕」においてJASS18 M-307適合は、「かび抵抗性」を含む最新の規格への適合を要求している。
したがって、かび抵抗性が確認されていない 旧JASS18 M-307への適合のみでは不十分である。」

そのため木材保護塗料の製造所や輸入販売業者は、最新の日本建築学会材料規格「JASS 18 M-307木材保護塗料」への合致を示す必要があります。

GHS対応

高日射反射率塗料

安全環境情報

塗料の自然発火事故について 2009.09.18改定
・塗料の自然発火事故について(経済産業省ニュースリリース)
■自然塗料について

非トルエン・キシレン塗料表示ガイドライン

VOC規制関連

■低VOC塗料自主表示ガイドライン 2006.11.28
その他VOC排出抑制に関する各種資料

JIS

コーティング・ケア

Copyright Japan Paint Manufacturers Association お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて サイトご利用上の注意