一般社団法人 日本塗料工業会 Japan Paint Manufacturers Association

一般社団法人 日本塗料工業会について

「一般社団法人への移行について」ご挨拶

平素より当工業会の事業活動に格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。
さて、当工業会は公益法人改革関連法に基づき一般社団法人への移行手続きを進めて参りましたが、4月1日をもって「一般社団法人日本塗料工業会」に移行いたしました。この度の一般社団法人への移行を機に、従来にも増して我が国塗料産業の健全な発展に尽力して参る所存でございます。

今後とも関係皆様方の一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成25年4月1日
一般社団法人日本塗料工業会

成り立ち

当工業会は、昭和23年に任意団体の塗料製造業の集まりとして設立され、その後、昭和61年に公益法人として社団法人日本塗料工業会に改組され、平成25年4月1日をもって公益法人改革関連法に基づき、「一般社団法人日本塗料工業会」に移行いたしました。
その間、平成18年7月、社団法人日本塗料協会と当工業会とが統合し、当工業会が存続団体となって、それまで同協会において実施されてきた塗料の普及啓発事業を継続して実施しています。

また、一方、国際的には、「国際塗料印刷インキ協議会」、「アジア塗料工業協議会」の主要メンバーとして国際間にまたがる共通課題に取り組んでいます。

1.昭和23年4月23日任意団体日本塗料工業会設立(製造業のみ)。
2.昭和61年4月 8日日本塗料工業会を改組し、社団法人日本塗料工業会となる(通商産業大臣認可)。この際、塗料製造業を正会員、塗料用原材料の製造事業者・塗料販売事業者等を賛助会員とし、塗料関連の全国的な公益的組織となった。
3.平成18年7月 1日(社)日本塗料工業会と(社)日本塗料協会(塗料製造業者、販売業者及び塗装業者が会員)が統合し、日塗工が存続団体となる(このため、日塗協は解散手続き(H18.6.20経済産業大臣認可)、日塗工は定款改正(18.6.20同大臣認可)を実施)。
4.平成20年4月創立60周年記念誌発行
5.平成22年4月 1日(社)日本塗料協会からの寄付をもとに、新たに大阪拠点となるビルを購入し活動を開始。
6.平成25年4月 1日平成25年事業年度から一般社団法人として活動(H25.3.21内閣府認可)


目的と事業

当工業会は、塗料工業の経営、塗料の技術・環境・安全及び塗料の需要に関する調査研究並びに塗料に関する普及啓発等を行うことにより、塗料産業の健全な発展を図り、もって我が国産業及び経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的としています。

事業としては、

  1. 塗料工業の経営に関する調査及び研究
  2. 塗料の技術に関する調査及び研究
  3. 塗料の環境・安全に関する調査及び研究
  4. 塗料の標準化に関する調査及び研究
  5. 塗料及びその原材料の需要に関する調査及び研究
  6. 塗料及びその利用に関する普及啓発
  7. 塗料に関する講習会・講演会等の開催
  8. 内外の塗料に関する情報の収集及び提供
  9. 塗料会館の運営及び管理
  10. 内外関係機関との連携協調

これらの事業は、所定の委員会を設けて各々専門的に分担し、調査・研究等の活動を展開しています。

(一社)日本塗料工業会の概要

Copyright Japan Paint Manufacturers Association お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて サイトご利用上の注意